楽々精算

「楽々精算」とは

・経費・交通費・旅費など、経費にかかわる全ての処理を一元管理できる経費精算システムです。
・申請→承認→経理作業の電子化や、自動仕訳・会計ソフト連携など、 様々な機能で業務効率の向上や、人的ミスの防止を実現させることができます。
・過去のデータをいつでも利用可能で、内部統制の強化や監査対策にもお役立ていただけます。
楽々精算 概要

各者視点からの利点

楽々精算 各者視点からの利点

コスト削減効果

「楽楽精算」で業務効率化を図ることで、経費精算に関わる全従業員の業務時間が80%短縮されます。

ラクス社の試算によると、従業員100名規模の企業が「楽楽精算」を導入した場合、年間の経費精算業務にかかるコストは、「楽楽精算」の利用料を合わせても、紙やエクセルで経費精算をする場合にかかるコストと比較して、約300万円のコスト削減効果があります。
楽々精算 コスト削減効果

ワークフロー(承認フロー)機能

楽楽精算では、承認フローを自由に設定することができます。
精算種別ごとに異なる承認フローの設定や、金額や勘定科目、負担部門等の条件に応じた承認フローなど、柔軟に設定できます。
楽々精算 ワークフロー(承認フロー)機能

ワークフローのメリット

  • やり取りがスムーズになる


    システム上で処理をすることで、紙媒体で運用するのに比べスムーズに業務を進めることができます。
    紙媒体で提出する手間もなく、クラウドシステムの場合はインターネット環境さえあれば外出先や自宅からも申請・承認が行えるため、物理的・時間的な制限を受けません。
  • 情報管理やセキュリティ管理がしっかりしている


    紙の回覧の場合、回覧途中で申請書を紛失してしまったり、社外での閲覧には情報漏洩のリスクがあります。メールの場合も宛先間違いなどリスクは避けられないものです。しかし、ワークフローシステムであればもちろん紙の紛失のリスクは無く、承認経路もあらかじめ設定されているためミスが発生しません。IPアドレス制限などセキュリティ対策も万全です。
  • 進捗の確認がすぐにでき、承認忘れ等も把握できる


    すべての工程がシステム上で行われると、どの段階で業務が滞っているのかが確認できます。滞っている原因の特定や、催促も可能なので、従来よりスムーズに進めることができます。
  • ペーパーレス化によりコストが削減できる


    システム上で処理をすることで、紙媒体での運用で発生していた申請書の紙代はもちろん、保管の手間やコストが無くなります。さらに、過去資料の検索性も上がります。

「楽楽精算」のワークフローシステム

「楽楽精算」は申請から承認はもちろん、経理担当者の仕訳処理やFBデータの作成など、経費精算に関わる様々な業務をシステム上で行うことができます。また、カスタマイズ性が高いことも特徴の一つで、これにより前段であげた経費精算の悩みを解決するだけでなく、より最適な運用を実現する機能が備わっています。
  • 申請者の入力漏れやミスを防止し、経理の手間を削減


    「楽楽精算」は申請ごとに処理状況を確認することができ、どこで申請や承認が滞っているか一目で確認することができます。また処理が滞っている人に対して、催促メールを一斉に送ることができるため、わざわざ席に行って催促することもなく、外出中でも承認を促すことが可能です。
  • 申請忘れ、承認忘れにも素早く一斉に対応可能


    紙の回覧の場合、回覧途中で申請書を紛失してしまったり、社外での閲覧には情報漏洩のリスクがあります。メールの場合も宛先間違いなどリスクは避けられないものです。しかし、ワークフローシステムであればもちろん紙の紛失のリスクは無く、承認経路もあらかじめ設定されているためミスが発生しません。IPアドレス制限などセキュリティ対策も万全です。
  • 領収書も電子化し、さらにペーパーレス化を実現できる


    すべての工程がシステム上で行われると、どの段階で業務が滞っているのかが確認できます。滞っている原因の特定や、催促も可能なので、従来よりスムーズに進めることができます。
  • ペーパーレス化によりコストが削減できる


    システム上で処理をすることで、紙媒体での運用で発生していた申請書の紙代はもちろん、保管の手間やコストが無くなります。さらに、過去資料の検索性も上がります。

お問い合わせ・資料請求

■ お電話でのお問い合わせ
011-726-7771
(土、日、祝日及び年末年始を除く10時00分〜17時00分)
■ Webからのお問い合わせ
お問い合わせ